理想は共同売買

借地権や底地を、共同で売買するのではなく単独で売却する場合は、更地の実勢価格に相当する金額ではなく、安い金額で売買される事が多くあります。このような事を避けるためには、地主と一緒に共同売買をするのが理想です。

借地権の売買では、地主の事情やその考えもありますし、地主と借地人の関係も大きく影響します。借権を相続した時、その借地権が必要ない場合には売買を考えても良いものかと、考える人もいるはずです。借地権の相続では、借地権の相続手続きを終えた時点で、相続人との遺産分割や借地権地のもつ事情も違います。このように相続で借地権をもった場合は、相続した借地権が相続した人にとっては、負担と感じることもあります。

しかし反対にせっかく譲り受けたものですので、そこに建物を建てて借地権を有効活用する人もいます。借地権に関してのさまざまな情報が少ないことや、知識を持った人がいない場合などでは、有効に売買できない場合もありますし、その借地権を多くの相続人で共有する場合もあります。複数人で共有する借地権は、その借地権自体の権利を誰がもつのか、また活用していく上で収益が出た場合には、どのような分配になるのかなど一人の人間が持つ権利よりもトラブルが多く発生する場合があります。