借地権が安い理由

借地権の売買についてですが、どうして借地権の単独売買は安いのでしょうか。これにつて、借地権は強い権利をもっていますが完全に所有している土地といった訳ではありません。地主に対して地代の支払いを行う必要もありますし、契約の更新時に発生する更新料の支払いもしなければいけません。

建て替えの時は、立替承諾料そして譲渡にも地主の承認した書類などが必要ですし料金も発生します。借地権の買い手側から見ると、さまざまな金銭的な面でコストが継続的に発生するのは当たり前ですし、地主から承諾を得なければならない事が出てきます。借地権を単独で売却する場合は、実勢価格に対して借地権割合を乗じた値段よりも安い値段で取引されてしまうことが多くあります。

では、借地権と同じように底地の単独売買はどうして安くなるのかと言うことについては、底地も借地権と同じように買い手から見ることで、その理由がわかります。底地を購入しても借地人が契約を解除しないとなれば、契約は永遠に継続されることになります。

借地権を買い取らない限りは、自分の土地なのに建物を建てることも出来ない他、利用することもできません。所有者が昔から継続しているものなので、賃料の値上げもできないとなれば土地の実勢価格に比べて、借地権の賃料は安くなるのは自然なことで底地を買っても投資効果が期待できなければ価格も安くなります。